ヘルニアのブロック注射・低周波治療

ヘルニアに有効なブロック注射・低周波治療

ブロック注射や低周波治療は、ヘルニアに有効であるといわれています。
まずはブロック注射についてですが、これはヘルニアの上部、脳に近いところに麻酔を行う方法となります。
脳に痛みの信号が届くのをブロックすることから、ブロック注射と呼ばれています。
ブロック注射の良いところは、何よりヘルニアの痛みに悩まされることがなくなるということです。
痛みにより体を動かすことができない症状でいると筋肉が弱くなり、余計にひどくなるという事態を招くのですが、このような負のサイクルを解消できます。
さらに、ブロック注射の効果がなくなり痛みが再発したとしても、多くの場合は最初より痛みの度合いが軽くなっているようです。
ただ、ブロック注射は注射自体の痛みが相当にありますし、注射を神経系のあたりにするため、事故の可能性があるというのが厄介なところです。
それとどの程度薬が効くのかというのは人それぞれとなります。
このため、注射をしたあとどれぐらいの期間に渡り痛みから解放されるのか、痛みが再発した場合にどのぐらい痛むのかは、この治療を受けてみないと分からないのです。
次に低周波治療に関してですが、これも脳に痛みを伝える信号を逆手にとった方法となります。
脳に痛みを伝えるのは電気信号なのですが、この電気信号を意図的に発生させて、脳に痛みが伝わるのを妨げることが可能となります。
低周波治療の良いところとしては危険性があまりないことや、多くの場合に痛みを抑えられることを挙げることができます。
特筆するような難点がないことも、低周波治療の良いところといえます。

★ヘルニアが自宅で治せる方法★