椎間板ヘルニアのリハビリテーション

椎間板ヘルニアのリハビリテーション

ちょっと動くだけでも非常に苦しい急性期を経たら、徐々に椎間板ヘルニアのリハビリテーションに取り組みます。
はじめに行うのに向いているリハビリテーションは、全身を使う寝返りです。
医師の指示に従い、腰が負担を受けない寝返りを習得するようにしましょう。
上半身を起こすことが可能になると、腹式呼吸を取り入れます。
やはり正しい方法で行わないと椎間板に負担をかけるので、やり方には十分に注意しましょう。
このあとは立ち上がる動作をしますが、厳しいようなら腰痛バンドの補助具を活用すると良いですね。
なお、腰に負担が集中しないように、どこかに手をつくして立ち上がることが大切です。
立ち上がることができるようになったら、歩き始めることにチャレンジします。
絶対に転倒しないように、はじめはきちんと足元を見ながら、無理のない範囲で少しずつ歩くことを心掛けましょう。
歩く際にも、腰痛バンドをはじめとする補助具を使用すると、いくぶん楽になるはずです。
歩けるようになったら、散歩や体操ちょっとした運動に取り組むようにします。
この段階になると、整体が椎間板ヘルニアのリハビリテーションをサポートしてくれるかもしれません。
軽く運動することが可能になったら、腹筋や背筋を鍛錬するためのトレーニングに着手します。
身体に無理のかからないプログラムを構成することになるでしょうが、椎間板ヘルニアのリハビリテーションには水中歩行が有効といわれています。

★ヘルニアが自宅で治せる方法★