椎間板ヘルニアの髄核減圧系手術

椎間板ヘルニアの髄核減圧系手術

椎間板ヘルニアの手術には、髄核減圧系手術という方法があります。
髄核減圧系手術は、椎間板ヘルニアによりはみ出た髄核が神経を圧迫するのを和らげようとする方法となります。
この髄核減圧系手術にはレーザー治療法と経皮的髄核摘出術という種類があります。
レーザー治療法は経皮的髄核減圧手術(PLDD)といわれることもあって、高出力のレーザーを使用し髄核を焼き、椎間板内の圧力を抑える方法です。
レーザーを当てるための穴は小さいもので済み、切開しなくても良いところが強みになります。
さらに、切開を行わないため大抵30分以内と短い手術時間で済み、患者の体への負担が軽くなります。
ただ、この手術が有効でないヘルニアがあることや、保険が適用とならないため高額な費用が必要になるという点には注意しなくてはいけません。
一方の経皮的髄核摘出術はPN法とも呼ばれ、椎間板内から髄核を必要な分だけ摘出する方法となります。
この方法を実施することにより、椎間板内の圧力の低下を図ることができます。
圧力が低下した髄核は空気の入っていないタイヤのように柔軟になります。これが圧迫を和らげることに通じます。
この方法も大抵1時間以内の手術時間しか要さず、局所麻酔で良いため、患者が受けるダメージが抑えられるという強みがあります。
また、レーザー治療法とは異なり保険が適用となる点は見逃せないですね。
しかしながら、この方法が有効ではないヘルニアがあること、これまで椎間板ヘルニアの手術を受けた人には向かないといった適応条件が色々とあることには注意が必要でしょう。

★ヘルニアが自宅で治せる方法★