椎間板ヘルニアの髄核摘出系手術

椎間板ヘルニアの髄核摘出系手術

椎間板ヘルニアの手術方法には、髄核摘出系手術という種類があります。
この手術は、はみ出した髄核を切除する方法となります。
髄核摘出系手術には、ラブ法と内視鏡下ヘルニア摘出術という方法があります。
ラブ法はLOVE法と表記されることもあって、背中側を何センチか切開し、腰椎部分を必要な分だけ削り、そこからはみ出した髄核を取り除きます。
従来は目視により実施されていましたが、現在は顕微鏡を併用し、傷跡がさらに小さくなるように手術を行う、マイクロラブ法と呼ばれる方法もあります。
このマイクロラブ法の場合は10日くらい、ラブ法の場合は10〜20日くらいの入院をしなくてはいけません。
全身麻酔を行わなくてはいけないの注意点がありますが、はみ出した部分を取り除くので、確実に効果が得られるのが良いところです。
一方の内視鏡下ヘルニア摘出術は、MED法とも呼ばれる方法です。
内視鏡や外筒という器具が入るぐらいの大きさを切開して、内視鏡の画像を確認しながら外筒を駆使してはみ出した髄核を取り除きます。
ラブ法と比較して傷口が大きくないので、患者への負担が軽くなるというのが良いところでしょう。
しかしながら、内視鏡下ヘルニア摘出術の手術そのものが難しいため、取り扱っている病院はあまり多くないというのが厄介なところです。
ちなみに、手術ということで保険のことが気になるという人もいるでしょうが、ラブ法と内視鏡下ヘルニア摘出術のいずれも、適用となります。

★ヘルニアが自宅で治せる方法★