頚椎椎間板ヘルニアの原因

頚椎椎間板ヘルニアはどうして発生するのか

頚椎椎間板ヘルニアはどうして発生するのか、原因をチェックしておきましょう。
まず頚椎椎間板ヘルニアの原因のひとつとして指摘されているのは加齢です。
椎間板は、私たちの体の中でも、相当に早い段階から低下が見られるようになるところです。
老朽化した椎間板は水分が少なくなり、弾力性が失われるため、運動や衝撃に対して脆弱な症状になってしまいます。
なお、加齢は内的要因による頚椎椎間板ヘルニアの代表的な原因とされていますが、40代から引き起こされる確立が飛躍的に高まるのです。
これに付随して、骨粗鬆症をはじめとしてそもそも骨が脆弱になっている症状の人なら、ますます発症する確率が高まります。
この他、頚椎椎間板ヘルニアというのは外的要因により引き起こされる場合もあります。
外的要因というのは外傷や打撲のことを意味していますが、腰椎椎間板ヘルニアの場合はあまり多くありません。
しかしながら、これが頚椎の場合には事情が異なります。
首は細く、重い頭を支えていることを考えると合点がいくでしょうが、頚椎の場合は外傷や打撲がヘルニアを発症する原因のトップクラスに入ってくるのです。
頚椎の場合、外傷自体の大小は関係なく、小さい外傷が徐々に悪くなる場合と、いきなり強い力を受けたことから急性の症状を招く場合とがあります。
また、首から連想するトラブルとしてムチ打ちを挙げる人は多いでしょうが、これも頚椎椎間板ヘルニアを発症する原因のひとつに相当すると指摘されています。

★ヘルニアが自宅で治せる方法★

頚椎椎間板ヘルニアの原因関連ページ

頚椎椎間板ヘルニアの症状