頚椎椎間板ヘルニアの症状

頚椎椎間板ヘルニアはどういう症状を招くのか

頚椎椎間板ヘルニアになるとどういう症状を招くのか、チェックしていきましょう。
まず挙げられるのは、痛みの症状です。
ヘルニアを引き起こしている頚椎といういより、圧迫を受けた神経が司るところに痛みが伴います。
右腕を司る神経が圧迫を受けると、首は痛まず、腕の痛みを自覚するという具合にです。
このようなことから、頚椎自体に痛みを感じるのではなく、上半身の特定箇所に痛みを生じるのが一般的となっています。
次に挙げられるのは、しびれの症状となります。
ヘルニアにより右腕の神経が圧迫を受けているとすると、スムーズに右腕から脳に、反対に脳から右腕に対する神経伝達が行われなくなります。
これによりしびれ、震え、冷えといった問題が起こりますが、酷くなると思いどおりに動かすことができなくなります。
そして、圧迫を受けている部分が大きい場合、下半身にまで症状が及ぶ場合があります。
それと感覚が鈍ってしまうことも症状として挙げられます。
ヘルニアにより感覚を司る知覚神経が圧迫を受けると、感触が分からない症状になったり、熱い・冷たいというのを感じにくくなります。
また、熱くないのに熱い気がしたり、冷たくないのに冷たい気がすることもあります。
これらの他、頚椎椎間板ヘルニアを招くと頭痛、肩こり、視力の低下、めまい、ぼんやりするの症状が起こります。
それとある方向に首を動かすことにより、痛みやしびれが生じるような場合もあります。

★ヘルニアが自宅で治せる方法★

頚椎椎間板ヘルニアの症状関連ページ

頚椎椎間板ヘルニアの原因