横隔膜ヘルニアの症状

横隔膜ヘルニアに見られる症状

横隔膜ヘルニア中、外傷性・ボックダレック孔・傍胸骨孔ヘルニアの症状を取り上げていきます。
外傷性横隔膜ヘルニアの多くは、怪我と一緒になっているため、どこまでが外傷性横隔膜ヘルニアの症状なのか見極めにくいという特徴があります。
ただ、代表的な症状としては吐き気や嘔吐、ショック症状、呼吸困難が引き起こされるといわれています。
当然、見過ごして良いものではないですので、きちんと医療機関で診てもらうことが大切となります。
ボックダレック孔ヘルニアの特筆すべき症状は、横隔膜の動きが妨げられることにより引き起こされる呼吸困難です。
胎児のあいだは酸素がへその緒から供給されているため問題ないものです。しかし、生まれると自ら呼吸を行わなくてはいけません。
したがって、誕生後すぐ呼吸困難を招く可能性があります。
それとお腹にスムーズに空気が巡らないので、凹んだ症状になっています。
臓器が脱出していることにより肺が圧迫を受けているので、肺の生育不良や疾患を発生している場合もあって、緊急処置を施さなくてはいけません。
傍胸骨孔ヘルニアの症状は、目立った症状が引き起こされず、患者自身に自覚がないことがあります。
しかしながら、自然治癒をするというわけではなく、時として呼吸困難をはじめとする危険な症状を発症するので、見つけ次第、手術を実施します。
なお、手術は難しくないといわれているため、他の種類と比較すると治療がしやすいヘルニアであるといわれています。

★ヘルニアが自宅で治せる方法★

横隔膜ヘルニアの症状関連ページ

横隔膜ヘルニアの種類
横隔膜ヘルニアの原因