ヘルニア

鼠径ヘルニア・臍ヘルニアとは何か

鼠径ヘルニアと臍ヘルニアはいずれも、腹膜が脆弱なことにより起こります。
まず、鼠径ヘルニアについてですが、これは足の付け根の内側部分や下腹部に発生し、若い人や高齢の人が招く割合が高いといわれています。
先天性と後天性の種類があって、原因はそれぞれ異なります。
男性ですと、脱出した臓器は多くの場合いんのうに飛び出すので、袋がかなり膨らむのですが、これはいわゆる脱腸といいます。
また、女性や男性であっても部分次第では、下腹部に膨らみが見られます。
この膨らみが発生するところにより、鼠径ヘルニアは4種類に分けられます。
なお、飛び出した臓器は普通、手でそっと元に戻すと元通りになりますが、時々元に戻すことができない場合があります。
この症状を嵌頓ヘルニアといい、血流がストップし、腸が死ぬ危険性がありますので、急いで医療機関で治療する必要があります。
臍ヘルニアは臍帯部分から腸が脱出した症状をいいますが、でべそと認識しても良いかもしれません。
鼠径ヘルニアより嵌頓ヘルニアを招く危険性は少なく、大抵は筋肉の発達に伴い勝手に治癒するといわれているため、あまり不安に感じなくても構いません。
しかしながら、子供がでべそを引っかくことがないように、周りが目を離さないように気を付けることが非常に大切となります。
臍ヘルニアは一般的に1〜2歳頃までに回復するものなのですが、万が一このあいだに改善されなくとも、手術で対処することが可能となっています。

鼠径ヘルニア・臍ヘルニア記事一覧

鼠径ヘルニア・臍ヘルニアの原因

先天性・後天性の鼠径ヘルニア、臍ヘルニアが起こる理由を確認していきましょう。まずは先天性の鼠径ヘルニアについてですが、赤ちゃんは母親のお腹の中にいるとき、腹膜鞘状突起が形作られて、成長と共にいんのうに下がっていきます。腹膜鞘状突起は袋のようになっていて、通常は袋の口が閉じるのですが、人によっては口が...

≫続きを読む

 

鼠径ヘルニア・臍ヘルニアの症状

鼠径ヘルニアと臍ヘルニアで認められる症状を頭の中で整理しておきましょう。はじめに鼠径ヘルニアの症状に関してですが、初期段階の頃は腹部に力を込めると、柔軟な膨らみを自覚するぐらいといわれています。押さえたり、寝転がったりすると元通りになったりと、最初は症状らしい症状が引き起こされないのが一般的です。け...

≫続きを読む

 

★ヘルニアが自宅で治せる方法★