食道裂孔ヘルニアの種類

食道裂孔ヘルニアの分類

横隔膜ヘルニアには食道裂孔ヘルニアという種類があって、これは横隔膜ヘルニアの7割程度を占め、年齢を問わず引き起こされます。
食道裂孔というのは、横隔膜にあいている食道が通るための穴のことをいいます。
この穴に胃がはみ出ることにより、食道裂孔ヘルニアを招くという仕組みになっています。
なお、食道裂孔ヘルニアには、胃がどのようにはみ出すかにより3種類が存在しています。
そのひとつとしては、滑脱型食道裂孔ヘルニアを挙げることができます。
この種類は、真っ直ぐに胃がはみ出るパターンとなります。
食道裂孔ヘルニアの多くは滑脱型に相当し、驚異的な症状が引き起こされることはさほどないものです。しかし、合併症を招く可能性が高いので甘く見てはいけません。
また、もうひとつは傍食道型食道裂孔ヘルニアです。
割合としては食道裂孔ヘルニア中1割くらいと低くなっていますが、そのぶん滑脱型食道裂孔ヘルニアより面倒な種類となります。
傍食道型食道裂孔ヘルニアは、横隔膜に異の一部が食道のわきを通過した形で挟まれるので、出血を引き起こしたり、反対に血液が循環しなくなるといった滑脱型以上に深刻な症状を招くことが多いヘルニアと位置付けられています。
それとあとは混合型食道裂孔ヘルニアを挙げることができます。
傍食道型食道裂孔ヘルニアは先述の通り割合的には低いものです。しかし、この混合型食道裂孔ヘルニアはさらに症例が少ないといわれています。
特徴としては、滑脱型食道裂孔ヘルニアと傍食道型食道裂孔ヘルニアが組み合わされた症状で出てくることが挙げられます。

★ヘルニアが自宅で治せる方法★

食道裂孔ヘルニアの種類関連ページ

食道裂孔ヘルニアの原因
食道裂孔ヘルニアの症状