体を動かしてヘルニアを予防

体を動かしてヘルニアを予防する

体を動かすことにより、ヘルニアの予防に繋げることが可能です。
有効な方法のひとつとしては、腹式呼吸を挙げることができます。
腹式呼吸は有酸素運動であって、特に必要なものもなく、好きなときに行うことができます。
体をたくさん動かすことがないため、とりわけ椎間板ヘルニアの初期リハビリに有効といわれています。
また、筋肉の鍛錬、血流の改善、リラックスの効果も望めるため、多くのヘルニアの予防に繋がります。
この他には、歩くという方法によりヘルニアの予防をすることができます。
歩くことにより体力や筋力をトータルで鍛錬できるため、結果としてヘルニアを未然に防ぐ形になります。
体にかかる負担も大きくないため、高齢の人でも実践することができます。
また、腹筋や背筋を鍛錬するという方法も、ヘルニアの予防に効果的といわれています。
どのようにして鍛えるのが良いのかというと、前屈や後屈を挙げることができます。
これを数回ずつ実践すると効果的なのですが、無理をするのは禁物ですので可能な範囲で行いましょう。
また、腹筋や背筋を鍛錬する場合には、注意しなくてはいけないことがあります。
腹筋か背筋のいずれかに集中して鍛錬すると、当然のことながらどちらか一方のみが鍛え上げられます。
このことにより、鍛錬した側に腰椎が引っ張られるのを招き、悪影響に繋がります。
腹筋や背筋の鍛錬をする際には、どちらも満遍なく鍛錬することが非常に大切となります。

★ヘルニアが自宅で治せる方法★

体を動かしてヘルニアを予防関連ページ

日常生活からヘルニア予防
補助具でヘルニアのケア