日常生活からヘルニア予防

暮らし方でヘルニアを未然に防ぐ

色々と注意しながら日常生活を送ることにより、ヘルニアを未然に予防するのに役立ちます。
まずは姿勢についてですが、これが悪いと複数の種類のヘルニアを引き起こしやすくなります。
理想的な姿勢というのは、横から背骨を見たときに柔らかいS字型をしています。
これは、腹部の後ろの腰椎が若干前に出て、首の骨の頚椎を少し後ろに引いた症状となります。
また、背中のほうから背骨を見た際に真っ直ぐになっていて、両肩や骨盤の高さが一緒になっているのがベストです。
次に、食生活が乱れていてもヘルニアを引き起こしやすくなるため、この点も改善することが大切です。
肥満体型は良くないので、ダイエットに取り組むとヘルニアの予防に繋がりますが、過度なダイエットは禁物です。
また、栄養不足に陥らないようにバランスの取れた食事を摂ることを心掛けましょう。
これらの他、日常生活における動作に注意することも、ヘルニアの予防に効果的です。
まず、重いものを持つような場合には、前傾姿勢で持たないようにすることが大切です。
重いものを持つなら片方の膝をついて、ものを持ったら背中はできるだけ伸ばすようにしましょう。
あとは足の筋肉の力により持ち上げるようにすると、負担が軽くなります。
しかし、過度に重量のあるものを持とうと力を込めると、ヘルニアの症状がひどくなるような場合がありますから、無理をすることなく誰かに頼みましょう。
また、いきなり身体をねじる動作をしたり、日頃使用しない部分を動かしたりすることも良くないので、これらの動作も避けるようにしましょう。

★ヘルニアが自宅で治せる方法★

日常生活からヘルニア予防関連ページ

体を動かしてヘルニアを予防
補助具でヘルニアのケア