椎間板ヘルニアの発症原因

なぜ椎間板ヘルニアを発症するのか

なぜ椎間板ヘルニアを発症するのか、理由のひとつとしては加齢を挙げることができます。
私たちの骨というのは年齢の高まりに従い脆くなり、椎間板の弾力性も失われてしまいます。
こうなると、少しの衝撃により繊維輪にヒビを発生してしまい、ヘルニアに繋がる形になります。
ちなみに、椎間板は20歳頃から低下が始まるため、まだ若いからと油断しないようにしましょう。
また、もうひとつの理由として骨粗鬆症を挙げることができます。
骨が脆くなるという点では加齢によるヘルニアと共通していますが、この場合は骨を形成するカルシウムが足りなくなり、骨が脆弱になった症状を表します。
過度に骨が脆弱になると、ヒビが生じるのはおろか、一気に潰れるリスクがあります。
このような事態を招くと、脊髄はいきなり強く圧迫されて、神経を損傷し、後遺症や下半身不随に陥りかねないのです。
この他、骨盤や背骨に生じるズレも、椎間板ヘルニアを発症する理由に含まれます。
姿勢が良くないまま過ごしていると、猫背になり背骨に歪みを生じます。
こうなると歪みのあるほうに圧力が集中し、上からまんべんなく押されるより圧力に強くなくなります。
ズレが生じた姿勢が習慣化すると、次第に持ちこたえられなくなった繊維輪が飛び出し、膨隆型ヘルニアに繋がる引き金となります。
ちなみに、重いものを持ったり、通常は曲げないほうに腰を動かしたり、ひねったり、長い時間座り続けたりすることも、ヘルニアを発症する原因となります。

★ヘルニアが自宅で治せる方法★

椎間板ヘルニアの発症原因関連ページ

椎間板ヘルニアの症状
腰椎椎間板ヘルニアの種類