椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアにはどのような症状があるのか

椎間板ヘルニアにはどのような症状があるのか、初期症状から段階を踏んで確認していきましょう。
まず椎間板ヘルニアの初期症状についてですが、このひとつとして30分間に渡り立ったり座ったりすることすら苦しくてできないという症状に陥ります。
他にも前傾姿勢になると痛みがある、座った症状で脚を前方に伸ばす動作が苦しい、椅子から立ち上がるのが辛いという症状も出ます。
感覚にも影響を及ぼし、脚に触れてもあまり感覚がなかったり、体を動かしているときに足が重たく、反応が悪い感じがするということも起こります。
また、こうした初期症状のあとには、さらにひどい症状が認められるようになります。
椎間板ヘルニアの主要な症状のひとつとしては痛みを挙げることができ、腰椎というよりお尻から足にかけて痛みを感じる割合が高くなります。
というのも、これは坐骨神経が圧迫を受けることがよくあって、絶対にとはいかないものの坐骨神経痛が認められるようになるからです。
なお、痛みの出方に関しては個人差があります。
この他、主要な症状としてはしびれを挙げることができます。
痛みを感じるほどではないものの、症状がある場合は、しびれを自覚するといわれています。
常にしびれがあるようなら、運動神経が圧迫を受けている疑いがあります。
症状が進行すると、歩行困難やマヒに繋がる場合があります。
また、代表的な症状には感覚の喪失も挙げることができます。
触れても感覚がない、体温のコントロールがスムーズにいかず足が冷たいといった下半身のあらゆる感覚が失われます。

★ヘルニアが自宅で治せる方法★

椎間板ヘルニアの症状関連ページ

椎間板ヘルニアの発症原因
腰椎椎間板ヘルニアの種類