腰椎椎間板ヘルニアの種類

腰椎椎間板ヘルニアの分類

この頃は、鼠径ヘルニアに比べ、椎間板ヘルニアのほうが世間に浸透しているかもしれません。
しかし、一口に椎間板ヘルニアといっても、二種類があるということを知っておく必要があります。
椎間板ヘルニアには脱出型と膨隆型の種類があって、個々に異なる特徴があります。
まず、脱出型椎間板ヘルニアについて確認していきましょう。
椎間板は、硬い繊維輪により柔軟な髄核を包み、守る形をしています。
しかし、この硬い繊維輪に負担がかかり過ぎるとヒビが生じる場合もあります。
このヒビから髄核がはみ出した症状が脱出型ということになります。
多くの場合はヒビが生じると共にはみ出すため、急激な痛みに襲われますが、膨隆型より症状が良くなりやすいといわれています。
それでは、今度は膨隆型ヘルニアについて見ていくことにしましょう。
人体は、長く同じ姿勢を続けていると、一定の重量が腰椎にかかることになります。
そうなると、上から髄核に重量が圧し掛かり、繊維輪を圧迫することになります。
このような状況ができあがり、圧迫を受けていた繊維輪が持ちこたえられなくなると、繊維輪が部分的に変形し、突出してしまう場合があるのです。
こうして突出したところにより、脊髄の神経が圧迫を受けることになりますが、このことが原因で痛みをはじめとする症状を伴うようになります。
このようなトラブルを膨隆型ヘルニアといいます。
繊維輪自体に変形が起こるため、長く悩まされやすいものです。しかし、脱出型と比較して圧迫量があまりないため、症状は強くないといわれています。

★ヘルニアが自宅で治せる方法★

腰椎椎間板ヘルニアの種類関連ページ

椎間板ヘルニアの症状
椎間板ヘルニアの発症原因